大阪市中央区で歯医者を開業している濱本歯科・口腔外科クリニックのインプラント

お問い合わせはこちら

メールで診療のご予約は受け付けておりません。
ご予約はお電話にてお願いします。

インプラント

インプラント

IMPLANT

当クリニックにおけるインプラント治療の基本的な考え方

現在、世界中で使用されているほとんどのインプラントは骨結合型のインプラントです。
1952年ブロネマルク博士は体の反応により骨とチタンが結合することを発見しました。
博士はこの発見をインプラントに使えないかと考え研究を始めました。そして、1965年に世界で初めてヒトに骨結合型のインプラント治療が行われました。
この治療はスウェーデンで高く評価され徐々にヨーロッパ、アメリカ、そして世界中に広まりました。日本に入ってきたのは約20年遅れた1980年後半でした。
今では日本でも10年以上安定した成果が報告され、最近は急速に普及しています。しかし、その影で残念ながらインプラント治療のトラブルも増加しています。
当院ではこれらのトラブルの原因を探求し、どうすればインプラントを長期安定させることができるのかを考え治療を行っています。
ブローネマルク博士の研究された医学的根拠を厳守し、安全なインプラント治療をみなさまに提供しています。

インプラントの構造

現在、世界中で使用されているほとんどのインプラントは骨結合型のインプラントです。
1952年ブロネマルク博士は骨結合型のインプラントは世界中にたくさんのメーカーがあります。一般的にインプラントは3つの構造に分かれています。

①人工の歯
②両者をつなぐ部分(アバットメント)
③骨に埋め込まれる部分(フィクスチャー)

インプラントを長期に安定させるためには、適切な位置にフィクスチャーを埋め込み、噛み合わせを調節し、インプラント周囲の歯ぐきに炎症のない状態をつくらなければなりません。
そのためには的確な診断の後、厳密な治療計画を立て、治療を行わなければなりません。
最近では歯が無くなるとすぐにインプラントを勧められる。抜歯してすぐにインプラントを勧められる。など患者さんから相談を受けますが、インプラントは歯を失った場合の修復法のひとつに過ぎません。
私達は、個々の患者さんのお口の中が、この先どう変化していくかを考えながら治療法を選択すべきではないかと考えています。

ブリッジ・入れ歯・インプラント治療の違い

ブリッジ

長所

・固定式であるため、装着しても違和感が少ない。

短所

・ブリッジを支え、固定するために健康な歯でも両隣の歯を削る必要がある。
・ポンティック(ブリッジの橋の部分)の下部と歯ぐきとの間に食べ物カスがつまり、不衛生になりやすい。
・支えになる歯に大きな力がかかり、将来的にその歯を失う原因となることがある。
・空気が漏れて発音がしにくくなることがある。
・本数によっては出来ないこともある。

治療費

・保険適用材料を使用する場合は保険点数内。
・保険適用外材料を使用する場合は自由診療となり高額となる場合もある。

入れ歯(義歯)

長所

・ブリッジでは適用できない大きな欠損に有効。
・ブリッジのように健全な歯を削らずに補える。(削る替わりにバネで固定する場合もある)

短所

・バネによる隣の歯への負担が大きい。
・噛む力が健康な状態に比べて30~40%くらいになる。
・取り外して手入れをする必要がある。
・すぐにガタつきやすい。
・口の中に違和感を感じやすい。
・食べ物のカスが挟まって不衛生になりやすい。

治療費

・保険適用材料を使用する場合は保険点数内。
・保険適用外材料を使用する場合は自由診療となり高額となる場合もある。

インプラント

長所

・天然の歯のように顎の骨に固定するので、違和感なく噛むことができる。
・噛む力は天然の歯の約80%回復することができるので、硬いものを噛むことができるようになる。
・隣の歯を削る必要がない。
・見た目が天然の歯に近い。

短所

・治療に時間がかかる。
・インプラントを顎の骨に埋め込む手術が必要。
・全身の疾患がある場合には治療ができない場合がある。
・インプラントを維持するためには十分な口腔衛生の管理と定期的な健診が必要である。
・費用がかかる
・未知の領域が存在する

治療費

・保険適用外なので自由診療となる。
・手術内容、埋めるインプラントの本数により費用がかわる。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。