大阪市中央区で歯医者を開業している濱本歯科・口腔外科クリニックの一般歯科治療

お問い合わせはこちら

メールで診療のご予約は受け付けておりません。
ご予約はお電話にてお願いします。

一般歯科治療

一般歯科治療

DENTAL-TREATMENT

「一般歯科」は、子供から大人まで年齢を問わず虫歯の治療、歯の根の治療、歯周病の治療、入れ歯の治療などで、最も需要の多い通常の歯科治療を行うところです。
濱本歯科・口腔外科クリニックでは、丁寧な説明と患者さまおひとりおひとりのご要望に沿った治療を心がけてます。
最新治療と同時に基本的な治療を確実に行います。また、天然の歯をできる限り守っていく為の、予防歯科にも力を入れています。

ここでは、「一般歯科」の診療の種類とその内容についてご説明いたします。

診療内容

歯が痛いときの治療

歯が痛い原因は様々です。
「虫歯」「歯周病」「歯ぎしり」「親知らず」「知覚過敏」などが代表的な原因として考えられますが、時に原因は複雑で、ご自身では判断できないこともあります。
その原因により治療方法も異なりますので、まずは歯科医院で歯の状態をチェックしましょう。
痛みを我慢すると、症状が悪化してしまうことがほとんどですので、痛みを感じたら早めにご来院ください。

根管治療(歯の神経・根の治療)

見えない部分の治療です。しかし、

歯を長持ちさせるために、とても大切な治療です。

例えば、建物を建てる時に、基礎工事が重要であることは皆さんよく知っていると思います。 どんな立派な建物も手抜き工事では、天災などで倒壊してしまいます。

根管治療は歯の治療の基礎工事にあたります。

どんなに綺麗なかぶせものをしても、土台になる歯が病気になってしまうと、歯ぐきが腫れたり、膿が出たり、痛みがでてしまいます。そうなってしまうと、どんなに高価なかぶせものでも取り除いてもう一度新しいものを作りなおさなければなりません。だから極力歯の根元の病気にならないように、根管治療で見えない基礎からしっかり治していくことが大切です。
根管治療では、リーマーやファイルと呼ばれる器具で細菌に感染してしまった歯質や神経を徹底的に除去し、根の病気(根尖病変)を治療・予防します。

歯周病

歯周病は、成人の約80%以上の方がかかっている生活習慣病です。

歯周病とは、歯の周りが汚れていたり、歯に過度な力が持続的にかかっていると、歯ぐきに炎症を引き起こし、さらには歯を支えている骨(歯槽骨)が溶けてしまう病気で自然に治ることはありません。放置しておくと膿が出たり、口臭がひどくなり、最後には歯が抜け落ちてしまうのです。


また、歯周病は自覚症状がほとんどないまま進行する怖い病気です。


しかも、歯周病は一本の歯のみに発症することは少なく、ほとんどがお口の中の歯全体に発症します。 さらに歯周病は口の中の病気にとどまらず全身的にも影響をおよぼすことがわかってきました。


気づいたときには重症になってしまって手遅れになることが多いため、日頃から予防、早期治療に努めることが大切です。 歯周病の予防・治療には、お口の中を清潔に保つことが一番重要です。


ホームケアによるプラークコントロールと定期的な歯科医院でのメンテナンスで、歯周病を予防・治療し、歯の健康を保つことをおすすめします。 生涯入れ歯にたよらず自分の歯で食事できる人生を過ごすためにも若いうちから気をつけることが重要です。

予防歯科

虫歯を治療し詰め物を入れたりかぶせ物をいれるのは、比較的簡単ですが、天然の歯以上のものはありません。
正しい予防をして健康な歯を守ることが、最良の治療です。
予防歯科とは、健康な歯を守るためのお口のケアです。


虫歯や歯周病にならない為の予防処置として、また治療後の歯をもう悪くならないようにする為のメンテナンスとして行います。「楽しい・気持ちいい」と感じれるような処置で、むし歯や歯周病を予防していきましょう。

こんなことができます…
・自分の歯の健康を維持したい → 【定期健診】で、お口のチェックと、お掃除
・虫歯を予防したい → 【フッ素塗布】で、虫歯になりにくい硬い歯に

小児歯科

子供が虫歯ゼロであり続けるようにサポートします。

乳歯は子供の成長過程において、とても大切です。しかし、乳歯は永久歯よりもやわらかく未発達なもので、虫歯に対して弱く、1度虫歯になってしまうと急速に進行してしまいます。
ご家庭でのケアや歯科のサポートが、子供の虫歯ゼロのためには必要です。

~子供の歯の健康のための予防・治療方法~
◆保護者のみなさんも、お口を清潔にしましょう
虫歯菌は乳歯の生え始め頃に保育者から感染します。
子供の周りにいる人は、歯ブラシや歯科でのクリーニングで、お口を清潔に保つように心掛けましょう。

◆フッ素塗布をしましょう
フッ素には「虫歯菌の活動を抑える」「歯の質を強化する」「歯の修復を進める」という働きがあります。

◆正しいブラッシングをしましょう
子供の歯磨きには、お父さん・お母さんの仕上げ磨きなどのサポートが必要になります。
歯磨きの習慣づけを大切に。

◆間食は量ではなく、回数を減らしましょう
乳歯は虫歯になりやすいので、おやつや砂糖入りの飲み物(ポカリスエットやコーラなども)の与え方には注意が必要です。

◆シーラントという方法もあります
歯ブラシの先が届かない奥歯の溝をキレイにお掃除して、封鎖させるもので、虫歯になりにくい溝の形に仕上げます。

◆永久歯の歯並びは乳歯の虫歯にも影響を受けます
将来矯正治療が必要ないように早いうちから気を付けるのが子供のためになります。

また子供の時から舌を歯に押しあてたりする癖により歯ならびが悪くなることもあります、本格的な矯正をしなくてすむように子供の時から治療することもあります。 子供の歯ならびが気になる場合は一度、ご相談ください。
ご家庭でのケアや歯科のサポートが、子供の虫歯ゼロのためには必要です。

有病者の歯科治療

現在の日本は高血圧症、糖尿病、狭心症、肝炎などさまざまな疾患をお持ちの方が増えています。その疾患のため歯科治療が円滑に行えないこともありますが、当クリニックでは他の医療機関と情報提供し治療を行っています。
また、院内感染防止に細心の注意を払い、スタンダードプリコーションの原則に基づき治療を行っています。免疫力の低下した患者さんにも安全な歯科治療が提供できます。

スタンダードプリコーションとは感染者を隔離する従来の差別的医療をなくし、万人が感染源を持っていると考えながら感染予防を行うという考え方です。
隔離型では患者さんの申告がなければ、そのまま治療がなされるわけですので、実際は隔離できないということになります。また、感染が潜伏期の患者さんも隔離治療は困難です。
そのため、万人を感染患者さんとみなし感染対策の質を向上させることが必要なのです。
 

妊娠中の歯科治療

妊娠すると、歯ぐきの炎症や歯周病、虫歯がおこりやすくなります。歯周病は早産や低体重児との関連が指摘されていますので、ご自身や歯科でお口の中を清掃し健康な口腔内の状態を維持するよう努めましょう。また、母親の虫歯菌が赤ちゃんへ移行するケースが全体の60~70%と言われています。このため、子供の虫歯対策は母親から始まります。
歯科での予防処置や健診は、妊娠中でも平気で受けられます。また、妊娠中の歯科治療(虫歯等)は、状況を考慮し、産科の先生と相談しつつ行います。基本的に安定期の妊娠4~8ヶ月が治療に適していますが、子供を予定されている女性は日ごろから口腔内のケアには気を配りましょう。

歯科恐怖症の方の歯科治療

歯科治療に対し非常に恐怖を感じる方は少なくありません。子供の頃のトラウマなどで、これは仕方のないことですが、当院では笑気麻酔、静脈内鎮静法を併用し治療を行うことも可能です。
歯科治療を受けなければならいが、怖くていけない方は当クリニックにご相談ください。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。