大阪市中央区で歯医者を開業している濱本歯科・口腔外科クリニック歯周病について

お問い合わせはこちら

メールで診療のご予約は受け付けておりません。
ご予約はお電話にてお願いします。

歯周病について

歯周病について

PERIODONTAL-DISEASE

歯周病はお口の中の細菌がひき起こす感染症です。
日本では大人の80%以上が歯周病だといわれています。


お口の中は誰でも細菌だらけです。細菌がたまりやすい場所は歯と歯ぐきの隙間(歯周ポケット)です。
この細菌に対して体の防御反応(免疫反応)が働き、初期では歯肉炎を起こします。
進行すると歯を支えている骨が溶けてしまい、最終的には歯を失うことになります。 
(成人の抜歯原因の約40%は歯周病です。)
また、歯周病をひき起こす細菌は血液や唾液を通じて、糖尿病を悪化させたり、心臓や肺などに病気を起こすことが解明されてきています。
歯周病は痛みなどなく進行していくことが多いため、治療が遅れる傾向にあります。
いつまでも自分の歯でおいしく食事ができるように若いうちから定期的に予防、治療しましょう。

昔から、歯がない人に比べて歯が多く残っている人のほうが長生きであることは、なんとなく知られています。
歯周病を予防し、1本でも多く自分の歯を残すようにしましょう。

歯周病とは直接関係ありませんが…
アルツハイマー型認知症では、残こっている歯の数が少ない人ほど、脳の萎縮が進んでいることが分かってきました。
噛むことが脳を活性化すると言われ、噛む刺激が神経伝達物質であるアセチルコリンの分泌を増やします。
アセチルコリンの量が減るとアルツハイマー型認知症が引き起こされると言われていますので、歯周病を予防し、歯を失わないことが認知症の予防にも良い影響を与えます。

歯周病の進行

健康な歯周組織

健康な歯周組織は4つの構造がすべて健常である状態です。歯と歯肉の隙間(歯周ポケット)は3mm以内が正常です。
 

[図]
① 歯周ポケット(歯と歯肉の隙間)
② 歯肉(歯ぐき)
③ セメント質(歯の根の表面)
④ 歯槽骨(歯を支えている骨)
⑤ 歯根膜(歯と骨をつないでいる膜)

歯肉炎

歯と歯肉の隙間に細菌感染が起こり、歯肉に炎症が生じています。歯肉は赤くなり、腫れています。
たまに出血したりします。しかし、あまり自覚症状はありません。
この状態は、子供にもみられます。
歯肉炎の状態で、プラーク(歯垢)や歯石を除去することで、健常な歯肉に戻ります。

[図]プラーク、歯石(細菌の塊)

初期の歯周炎

歯肉炎の状態から進行すると、歯と歯肉の間が切れて歯と歯肉の隙間(歯周ポケット)が深くなります(4mm~5mm程度)。
すると、細菌は歯石に覆われながら奥のほうに入り込むようになります。歯肉は赤くなり、腫れています、さらに歯槽骨(歯を支えている骨)は少し吸収してしまいます。
症状は違和感、歯ブラシ中に出血する程度で、歯肉炎とあまり変わりませんが、疲れがたまると歯肉の腫れが大きくなることもあります。しかし、2~3日で改善することが多く、歯科医院に行こうと思ったら治った。ということが多いと考えられます。
この段階では、歯石除去を行うことでよい状態を保つことが可能です。

中等度歯周炎

さらに進行すると、歯槽骨が吸収し、歯肉も赤くなり腫れたまま吸収します。その結果、歯が長く見えるようになります。
冷たいものにしみる(知覚過敏)ようになり、疲れがたまると歯肉の腫れが大きくなり、膿がたまることもあります。口臭も徐々に強くなり、歯がぐらぐらし始めて、物を噛みにくくなります。
患者さんは、この時期になって、歯科医院を受診することが1番多いと思います。
この段階では、歯石除去だけでは良い状態を維持することが難しくなり、歯周外科手術が必要な場合もあります。

重度歯周病

この時期になると、歯肉、歯槽骨がかなり吸収し歯のぐらつきが著しくなり、頻繁に歯肉が腫れ、痛みが強くなります。かなり口臭が強くなります。
この段階までくると歯を抜かなくてはなりません。

1本だけがこのようになることよりも、多数歯が同じようになる傾向がありますので、1度に多数歯を抜歯しなくてはならないことも多く、その後は入れ歯になってしまいます。

こうならないように、歯周病の予防と治療は必要です。

歯周病と全身疾患の関係

誤炎性肺炎、インフルエンザの感染

歯周病の原因菌が肺に入ると肺炎を引き起こします。
また、歯周病の原因菌の産生する酵素により、インフルエンザウイルスが活性化され、感染しやすくなるということがわかっています。

狭心症、心筋梗塞、心内膜炎

歯周病の原因菌の直接的な影響か、歯周炎があるためかは不明ですが、明らかに歯周病は狭心症、心筋梗塞、心内膜炎の危険因子といわれています。

糖尿病

以前は糖尿病は歯周病を起こしやすいといわれていましたが、最近の疫学的研究で歯周病の治療を行うことにより糖尿病が改善していくことが明らかになり、徐々に、糖尿病治療に歯周病治療の併用が行われるようになってきています。

早産、低体重児出産

どうして、歯周病が出産に影響をおよぼすかのメカニズムは、まだ、はっきりとはしていませんが、低体重児出産や早産と歯周病は疫学的に関係があるとわかっています。
妊娠した女性は歯周病になりやすく、また、進行が早くなります。
このため、妊娠中は特に口の中を清潔に保つよう特に気をつける必要があります。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。