大阪市中央区で歯医者を開業している濱本歯科・口腔外科クリニックのCT撮影

お問い合わせはこちら

メールで診療のご予約は受け付けておりません。
ご予約はお電話にてお願いします。

CT撮影

CT撮影

CT

これまでの歯科治療はレントゲンのみで行われていました。
しかし、レントゲンではみえてこない病態もあり、なかなか治らない歯も少なくありません。
この結果、レントゲンだけでは情報量が不足で、治せない原因を見つけることができず、闇雲に治療が続いてしまうこともあります。
CTは以前から医科の中では普及していましたが、医科のCTでは歯の周りの小さいものに対しての診断はなかなか難しいという歴史がありました。
最近、歯科用のCTが普及し始めています。レントゲンの情報にCTの情報をプラスすることで診断精度が向上しました。
これにより、なかなか治らない歯の原因がわかることもあります。また、安全にインプラント治療や外科手術を行えるようになりました。
しかし、CTやレントゲン撮影に対して放射線の被曝という問題は無視できません!
被爆する放射線量はデジタル化によりかなり少なくなっています。
撮影には必ず撮影が必要である理由があります。正当な理由なしに撮影は行いません。撮影には放射線防護に十分注意をはらっています。被爆に関してご心配などございましたらご相談ください。

当クリニックではCTを用いて適切な診断、安全な治療を第一に考えています。

CT撮影事例(1)

レントゲンで見ると親知らずと手前の歯が重なってみえます。CTで見ると親知らずにより手前の歯の根が吸収していることがわかります。
レントゲンだけで親知らずの抜歯と判断した場合、手前の歯もダメになるという問題が残ることもあります。

CT撮影事例(2)

レントゲンではわかりませんが歯の根が折れていることが確認できました。

CT撮影事例(3)

矢印の部の違和感が消失せず、精査のため来院されました。
レントゲンでは歯の根の治療が行われています。CTを撮影すると根の先が骨の外に出ており骨の中の炎症を取るための薬が歯ぐきの下に漏れているのが確認できました。
これを取り除くと症状が消失しました。

CT撮影事例(4)

右上の奥から2番目の歯が噛むと痛いということで歯科医院を受診されましたが、レントゲンでは異常なしといわれていました。
CTを撮影すると歯が破折しており骨の吸収もみられました。

抜歯後インプラント治療を行いました。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。